Google+ Followers

2015年2月9日月曜日

放射線量の高い福島産イノシシ肉を食べてみた - 事実を知れば怖くない、【おいしさゆえにその意識も次第に消えてしまった】。 さすが、アゴラ。 最後まで、メルトダウンを認めなかった、男の中の男、 澤田哲生(東工大助教)が、800Bq/Kgの牡丹鍋の会食を、 実況中継で行い、それにアゴラ常駐のジャーナリストが乗った。